猫魔王と猫子分が猫の全てを解説するブログ

猫のお腹がかわいい!!猫のルーズスキンの役割とは?

猫のお腹ルーズスキンとは

お腹を触られるのを嫌う猫は多いので、じっくりとお腹を見たり触ることは少ないかもしれませんが、猫のお腹は意外とたぷたぷとたるんでいます。

このたるみは、「ルーズスキン」(たるんだ皮膚)と呼ばれ、猫にとっては重要な役割をしています。

今回はこの「ルーズスキン」について、詳しく解説していきます。

猫のお腹にあるルーズスキンとは?

猫のたるんだお腹(ルーズスキン)は、太っているからたるんでいる訳ではありません。触ってみるとわかりますが、ぷよぷよとした脂肪ではなく、たるんだ皮膚をつまんでいるような感触がします。

お腹から後ろ足の付け根にかけてだるだるとした皮膚は歩くと左右に揺れ、「太っているのでは?」と思ってしまいがちですが、決して肥満だからルーズキスンができるというわけではありません。

この、ルーズスキンは猫種や体型、性別を問わず備わっている猫の特徴の一つです。成長するとともに徐々にルーズスキンが現れるのが一般的ですが、お腹のたるみ具合は個体差がかなりあるので、すべての猫が同じようなルーズスキンを持っている訳ではありません。

太っていてもルーズスキンのたるみが少ない猫や、痩せていてもたるみが大きい猫など様々です。他の猫と違うからと言って、心配する必要はないので安心してくださいね。

この、ルーズスキンは猫にとってどんな役割があるのでしょう。

猫魔王

子分は「ルーズスキン」という名前があったのを知っておったか?
そんな名前があったなんて知らなかったのにゃ。
この「ルーズスキン」にはどんな秘密が隠されているのか教えて欲しいのにゃ!

猫子分

猫魔王

うむ、
では、解説していこうぞ!

猫のルーズスキンの役割 致命傷を避ける

ルーズスキンは他の皮膚に比べて、たるんでいて、よく伸びるという特徴があります。そのため、他の動物や猫同士の喧嘩で噛みつかれてしまっても、伸びる皮膚のおかげで攻撃が臓器まで到達しにくく、致命傷を避ける事ができます。致命傷を避ける事ができると、自然界では生存確率がぐっと上げるので、ルーズスキンはかなり重要な役割をしていました。

この、ルーズスキンは、大型のネコ科動物であるライオンやトラ、チーターも持っていています。自然界の動物達にとって、ルーズスキンは無くてはならない存在ですね。

ルーズスキンは内臓を守るだけでなく、怪我や衝撃のダメージを最小限に抑える効果もあります。もし、高い所から落下してしまっても、ルーズスキンがクッション材のような役割をし、衝撃を吸収して内臓へのダメージを軽減してくれます。

猫魔王

致命傷を避ける事ができるとは、生きて行く上で一番大切な事だのう。
このたるたるしたお腹にそんな「防御機能」があったとは驚きなのにゃ!

猫子分

猫のルーズスキンの役割 保温機能

個体差がありますが、猫は寒さにはあまり強くなく、内臓が冷えてしまうと身体の芯から冷えきってしまいます。猫は体温が低下してしまうと体調を崩してしまう事があるので、体温を下げない事がとても重要なのてす。そんな猫が寒さに耐えられるようにルーズスキンが一役買っています。

ルーズスキンがあることでお腹を守り、深部体温が下がらずに体が冷えるのを防いでくれるのです。

ちなみに、猫が伏せをした状態で手足をお腹の中に折りたたむ「香箱座り」は、手足を保温し、体温を下げないようにする猫の知恵から生まれた格好なのです。

猫魔王

我々は寒さに強くないからお腹を守るのは重要だのう。
あっしも寒いのは苦手だから、魔王様のモフモフなお腹に守ってもらうのにゃ!

猫子分

猫魔王

おぬし、調子に乗っておるのう。
ヒッ!
ごめんなさいなのにゃ。

猫子分

猫のルーズスキンの役割 足の可動域が広がる

猫のルーズスキンはお腹から後ろ足の付け根にかけて皮膚がたるんでいます。
身体がしなやかで柔軟性がある猫は、足の可動域が広いので、皮膚にたるみがないと動きづらくなってしまいます。

このお腹のたるみのおかげで、身体をひねったり、思いっきり伸びをしたりしても皮膚が引っ張られる事なく、スムーズに動くことができ、猛ダッシュやジャンプのような俊敏な動きにも対応する事ができるのです。

お腹のだるだるには動きを助ける機能もあったなんて驚きなのにゃ!

猫子分

猫魔王

…ルーズスキンのせいで足が短く見えても、ガマンするのかないのう。(涙)
あれ?
魔王様泣いてるにゃ?

猫子分

猫魔王

……ぐすっ。
あっしは魔王様のお腹はモフモフして大好きなのにゃ!
泣く事ないのにゃ。

猫子分

猫のルーズスキンの役割 たくさん食べた後でもすぐ動くことができる

肉食であるネコ科動物は狩りをして生活をしています。狩りは成功する時もあれば、失敗する時もあり、お腹が空いたからと毎日食べられるものではありません。そんなネコ科動物は、食べられる時に食いだめできるようにと、お腹の皮膚にゆとりを持たせているといわれています。

また、皮膚にゆとりがあると満腹でお腹がパンパンになってしまっても、すぐ動くことができるので、危険を回避したり、またすぐに狩りを行う事ができるのです。

猫魔王

飼い猫にはあまり必要ではないが、野生動物や外猫にとっては重要な役割だのう。
ルーズスキンのマルチな活躍がすごいのにゃ!

猫子分

ルーズスキンの出来易い猫種とは

ルーズスキンは別名、「プライモーディアルポーチ(Primordial Pouch)」と呼ばれ、直訳すると「原始的な袋、初めから存在する袋」という意味があります。

この、原始的な袋(ルーズスキン)は、ネコ科の野生動物であるライオンやトラ、チーター、ヤマネコにもあります。また、野生に近い猫種である、アメリカンショートヘア、ベンガル、エジプシャンマウはルーズスキンがよく見られます。この猫種たちのキャットショーなどではルーズスキンの大きさが審査対象になっているそうですよ。

ルーズスキンがよく見られる猫種でも、子猫の頃からルーズスキンがあるわけではなく、年齢を重ねていくにつれて徐々にルーズスキンが見らるようになるそうです。

運動量の多さやがっちりとした体格には、ルーズスキンと関係があるのかにゃ?

猫子分

猫魔王

まだ、その辺については詳しくはわかってはいないが、野生に近い猫種がルーズスキンを持っているという事は、運動能力差や体格は関係があるのかもしれんのう。
なるほどなのにゃ~。

猫子分

猫のルーズスキンと肥満の見分け方

お腹がたぷたぷしている=ルーズスキンであると間違った認識をしていると、実際には肥満だったり、病気だったという可能性があるかもしれません。

ルーズスキンと肥満と病気ではどんな違いがあるのでしょうか。
見た目や触った感触の違いなど詳しく解説していきます。

・ルーズスキンの見た目と触った感触とは
ルーズスキンは下腹部から後ろ足の付け根にかけて皮膚がたるんだように見えます。猫によってたるみの個体差がかなりあり、たるみが少ししかない猫や、歩くとルーズスキンが前後にぶるんぶるんと揺れるぐらいお腹の皮膚がたるんでいる猫もいます。

触った感触は、やや厚めの皮膚を触ってるようなもちもちとした感触です。

・肥満な見た目と触った感触とは
肥満な猫は全体的にコロっとした丸い印象で、お腹の部分が正面や、後ろ、真上側から見てもお腹が出ています。また、寝転んだ時にお腹が目立つようであれば肥満の兆候があるかもしれません。

長毛種の場合は、長い毛で体型が隠れてしまっているので、肥満かどうかは見た目ではかなりわかりづらいようです。判断基準としては、こまめに体重を測りチェックするか、お腹周りを触ってみて、肋骨を感じられるかどうかです。もし、触った感覚が脂肪が邪魔をして、肋骨を感じられないようであれば肥満気味かもしれません。

・病気だった場合の見た目と触った感触とは
腹水などが溜まってお腹が膨れている時には、水風船のようにお腹がパンパンに膨れます。肥満気味の猫や長毛種だと少しわかりずらいかもしれませんがお腹周りを触ると明らかに膨らんでいるのでわかると思います。

また、左右、上下でお腹の膨らみ方が違う場合や、異物感や、しこりのような感触、お腹がいつも以上に硬く張っている場合には病気の可能性があります。元気がない、トイレに行かなくなった、ゴハンを食べないなど、いつもと様子が違う時には、すぐにでも動物病院で診てもらうようにしてください。

魔王様はルーズスキンじゃなくてもしかして肥満なのにゃ?

猫子分

猫魔王

ぐふっ!
ワシのルーズスキンも立派だが、それ以上にお腹が出ているからのう。これ以上太らないようにダイエットをしなくてはのう。
あっしと一緒にキャットタワーで上下運動を一緒にするのにゃ!

猫子分

猫魔王

うむ、
ダイエットをしてスレンダーボディを手に入れるぞ!

猫がルーズスキンの毛を毟ってしまう理由と対処法

飼い猫がお腹を気にしているのでふと見てみると、お腹まわりやルーズスキンの毛ををずっと舐めているなんて事はありませんか?

お腹の毛は猫がお腹を見せてごろんと寝転んだり、猫を捕まえない限り、なかなか見る事ができないので、飼い主さんが気が付いた時にはかなり毛が無くなっていたなんて事もあるようです。

猫は様々な理由で毛を舐め続けたり、むしって毛が薄くなったり、地肌が見えてしまう事があります。
なぜそんな事をしてしまうのか、理由や対処法について解説していきます。

・退屈や寂しさを感じてしまっている
猫は、飼い主さんに構ってもらえなかったり、退屈を感じてしまうとひたすら毛づくろいをしてしまう事があります。毛づくろいに夢中になりすぎて自分の毛をむしってしまうのです。

こんな時には、まずは一緒におもちゃなどで遊んで退屈感を解消してあげてください。退屈感が解消されると問題行動は収まります。しかし、忙しくて構ってあげられない飼い主さんには、猫が一人遊びできるおもちゃを用意してあげると良いかもしれません。

おもちゃである程度の欲求は解消できますが、飼い主さんにかまって欲しいという欲求は飼い主さんにしか解消できません。なるべく猫との触れ合う時間を作り、寂しい思いをさせないようにしてくださいね。

・病気や怪我の可能性
皮膚病が原因の場合には、皮膚が痒いから舐めたり掻いてしまい、毛が薄くなったり、皮膚がただれて毛が抜け落ちてしまう事もあります。

また、膀胱炎や腎臓病の場合には直接関係の無い場所でも、気になって舐め続けてしまい、毛をむしったり、皮膚を噛んでしまう事があります。

他にも、病気や怪我により「痒い」「不快感」「気になる」「痛い」などの感情が徐々にストレスになり、「葛藤行動」と呼ばれる「毛を舐め続ける」「毛をむしってしまう」「皮膚を噛んでしまう」などの問題行動を起こして可能性があります。

まずは、病気や怪我の治療をしっかりと行いましょう。病状が良くなるにつれ「葛藤行動」も少しずつ改善されていきます。飼い主さんは決して焦らずに、猫のペースに合わせて様子を見るようにしましょう。

・癖になってしまう
病気やストレスからお腹の毛を舐めたり、毛をむしってしまった猫は、症状が改善されて「葛藤行動」が収まった後も、繰り返しお腹の毛を舐めたり、毛をむしってしまう事があります。

これは、「毛を舐める」「毛をむしる」という過度なグルーミングが習慣化してしまったものです。習慣化してしまうとやめさせるのはなかなか難しいようですが、まずは、物理的に過度なグルーミングさせないようにして様子を見るようにしてください。

代表的なものでは、エリザベスカラーがあります。
昔からある硬くて大きなプラスチックのエリザベスカラーだけではなく、今では、柔らかいソフトタイプの物や、軽くて邪魔にならないポリエチレン素材のエリザベスカラーや、ドーナツ型のクッションタイプのエリザベスカラーなど豊富な種類があります。毎日装着するものなので、猫が嫌がらない物を選ぶようにしてあげてくださいね。

また、どうしてもエリザベスカラーが苦手な猫には、術後服(エリザベスウエア)を着せるのも一つの手です。慣れるまでに少し時間がかかりますが、水を飲む時やご飯を食べる時も邪魔にならないので慣れてしまえば良いかもしれませんね。

ルーズスキンと病気の勘違いで起きた体験談

ここでは、実際にルーズスキンと肥満、病気の見分けがつかずに勘違いしてしまった体験談をご紹介します。
今後の参考になれば幸いです。

・腹水に気が付きませんでした
マンチカン 2才 オス
少しぽっちゃりのウチの猫は食べるのが大好きな猫でした。ある時からご飯を残すようになったものの、いつもと変わらない感じだったので様子を見ていました。翌日になって苦しそうにしていたので動物病院で診察してもらうと、腹水が溜まっていたそうです。元からぽっちゃりとしていて、お腹もたぷたぷしていたので腹水に全く気がつきませんでした。もう少し、しっかりとチェックして見ていたらと、今でも後悔しています。
・太ったと勘違いしてました
アメリカンショートヘア 3才 オス
ウチの猫が2才ぐらいからお腹が出てき始めたので、フードを替えたりしてダイエットをしていました。しばらくして、動物病院に行く機会があったので先生に相談してみたら、お腹がたるんでいたのは肥満ではなく「ルーズスキン」だったそうです。肥満と勘違いしてごめんねと、家に帰ってから猫に謝りました。
・病気だと気づくのに時間がかかりました
雑種 5才 メス
食べる事が大好きな少し肥満気味の猫が、少し食欲が無くなって寝てることが多くなっていました。お腹周りを触っても特に嫌がるそぶりはなかったので様子をみていたんですが、翌日になって歩くのもしんどそうにしていたので動物病院に連れて行くと、「子宮蓄膿症」と診断されて即日入院してしまいました。2日後に退院して今では元気にしていますが、太ってお腹周りがぷよぷよしていたのですぐに気づけずにかわいそうな思いをしたなと反省しています。
立派なルーズスキンのせいで「太っていると」思われてしまうなんで、なんだかかわいそうなのにゃ。

猫子分

猫魔王

確かに、見た目だけでは判断しずらいが、普段からお腹周りを触ることで「いつもと違う」という感覚を身に着けて欲しい。あとは、他にもおかしな様子があるかチェックする事が大切だぞ。
わかったのにゃ~。

猫子分

猫のルーズスキンの役割 まとめ

ルーズスキンが立派な猫は「太っている」「お腹が出ている」と勘違いされがちですが、猫にとっては大切な役割をしています。
最後に、猫にとってルーズスキンとはどんな役割があるかまとめてみました。

ルーズスキンの役割とは

・致命傷を避ける
→猫同士の喧嘩や他の動物からお腹を噛まれても内臓へのダメージを軽減する

・保温機能
→お腹を冷やさないように守ってくれる

・足の可動域が広がる
→お腹のたるみのおかげで動きやすくなる

・たくさん食べた後もすぐ動けるように
→満腹後でもすぐ動けるようにお腹に余裕を持たせている

ルーズスキンには他にもこんな特徴がある

・野生に近い猫種にはルーズスキンが出やすい
・ルーズスキンは猫の成長ともに徐々に出てくる
・ルーズスキンの大きさは猫によってかなりの個体差がある

猫のルーズスキンにこんな機能があったとは驚きなのにゃ!

猫子分

猫魔王

飼い主さんは触り心地の良い猫のお腹やルーズスキンを触りたがるが、いじくりまわすと機嫌が悪くなるからほどほどにして欲しいぞ。
寝起きに少しだけならガマンできるけど、こねくり回されるとイラっとするのにゃ。

猫子分

いかがでしたでしょうか?
ルーズスキンは猫にとって大切な役割をしていたんですね。ルーズスキンのたるみ具合や大きさは猫によってかなり個体差があります。「ウチの子はたるみすぎじゃない?」「ルーズスキンが全然ないんだけど?」と、心配されるかもしれませんが、それもその子の個性として楽しむようにしてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。