猫魔王と猫子分が猫の全てを解説するブログ

【猫ブログ】メインクーンの性格が判るおすすめ猫ブログ

メインクーン 特徴 性格 値段

このページは人気の猫種「メインクーン」をお迎えする前に読んでおきたい役立ちブログや「メインクーン」がとにかくかわいいブログ、またメインクーンを実際に飼われている有名人(芸能人)の方を紹介しています。「メインクーン」のかわいい子猫画像は見ていて癒されますよね。

ページ後半では、メインクーンの特徴や毛色、性格や行動範囲から値段の事まで。実際にお迎えする前に知っておきたい事、気を付けたい事などを当ブログの主である「猫魔王」と「猫子分」が解説します。これからメインクーンを飼いたい方のお役に立てれば嬉しい限りです。

メインクーンのおすすめ猫ブログ3選

猫魔王

次は実際にメインクーンを飼っている下僕達(飼い主)のブログを紹介しようと思うぞ!皆、献身的に奉公していて中々面白いブログが揃っておる!
メインクーン殿のかわいい画像が一杯なのにゃ!

猫子分

猫魔王

これからメインクーンを迎えたいと考えているお主たちにとって、とても役に立つであろうブログを揃えておる。実体験は貴重な情報源だから、しかと見ておく事をおすすめするぞ!
魔王様!
あっしも一緒に見に行きたいですにゃ!

猫子分

猫魔王

よかろう!
吾輩に付いて来るが良い!
ふはははは!

ここからはメインクーンを飼っている人のおすすめブログを紹介していきます。メインクーンのかわいい画像や動画、メインクーンの子猫時代。気を付けたい病気、そして闘病生活の話など。
これからメインクーンを家族に迎えたいと考えている方にとって、とても役に立ちそうなブログを集めました。
実体験は貴重な情報源なので参考になると思います。

メインクーンブログ「CAVALLINO 猫・ねこ・ネコ」

メインクーンのキャッテリーCAVALLINOの猫たちの日々の暮らしです。大きくて優しいメインクーンたちとアメリカンカール、アメショーなどのお友達たちのちょっと笑える毎日です。

「CAVALLINO 猫・ねこ・ネコ」

13匹のメインクーンと4匹の猫達との大家族なブログ。
東京都調布市で「メインクーンキャッテリーCAVALLINO」メインクーンのブリーダーをしているそうです。
メインクーン愛がすごく、自宅とは別にメインクーン専用の一軒家があるとか。巣立っていった子猫達の姿や美猫へと成長した姿には思わずうっとりしちゃいます。

どの子も健康的で見事な美猫なのにゃ~。

猫子分

猫魔王

しっぽのもふもふが魅力的じゃな。

メインクーンブログ「オスカー様としもべ達」

「オスカー様としもべ達」

メインクーンの男の子かなりのイケにゃん。
オスカーの子猫時代から美猫に成長した姿でじっくり見ることができます。動画もあるのでメインクーン好きにはたまらないブログです。

猫魔王

看板になるほどの美猫さんだぞ!
にゃんと!
あっしも負けてられないのにゃ~。

猫子分

メインクーンブログ「メインクーンのオリーとレムち」

メインクーンの兄妹、オリバー(クリーム♂)とレム(シルバー♀)の楽しい毎日をつづる猫ブログ☆

メインクーン ブログ3

「メインクーンのオリーとレムち」

オリバーの耳がスコティッシュフォールドみたいに折れ耳になってしまった話や、寝起きのぼさぼさの顔、レムの玄関にへばりついてる姿は必見です。
個人的にはオリバーのよだれかけ姿に胸キュンしました。

寝起き顔でもイケメンってどうなってるのにゃ~。

猫子分

猫魔王

オリーもレムちも鬣(たてがみ)が立派だのう。

メインクーンを飼っている有名人

「北川景子」さん「DAIGO」さん

北川景子さんの愛猫メインクーンの「JILL(ジル)」は、元はペットショップで売れ残っていた猫だったそうです。
撮影の合間に立ち寄ったペットショップにいたジルは、生後半年ほど経っていて体が大きくなっていてなかなか買い手がいなかったとか。北川さんはどうしても気になり後日店を訪れ、ジルを引き取ったそうです。最近では、DAIGOさんにも懐いているとか。

メインクーンの特徴と歴史・ルーツを解説

メインクーン 歴史

英語表記Mainecoon
原産国アメリカ
誕生年1985年
公認団体CFA/TICA/FIFe/GCCF
平均体重3㎏~9㎏
平均寿命11年~13年
毛種長毛種
価格15万~40万

メインクーンはアメリカ北東部のメイン州に古くからいる猫で、その起源は諸説あります。その中でも一番ユニークなものが、メインクーンの見た目がアライグマに似ていることから、猫とアライグマとの交雑によって生まれたという説や、フランスの王妃 マリー・アントワネットと亡命しようとして王妃の処刑後にメインクーンだけアメリカに渡ったという説もあります。
実際にはよくわかっておらず、100年以上前からメイン州に住んでいて、寒暖差の激しい気候に適応する為に自然発生的に現在の姿になったとされています。

あの大きな体とモフモフの毛は厳しい気候に適応した姿だったのにゃ。

猫子分

猫魔王

胸回りとしっぽの毛量が多くゴージャスに見えるが、防水と防寒の機能も兼ね備えているぞ。

1800年代にキャットショーに登場するようになりメインクーンは人気が出てきましたが、1950年代にはペルシャや他の長毛種に人気に押され数が激減してしまいました。その後、ブリーダーの尽力によって数も戻り1985年にはCFAに登録され、今では、CFAが認めた猫種トップ3に入る人気ぶりです。

猫にもその時代によってブームがあるにゃんて。

猫子分

猫魔王

日本でも見た目も性格のギャップにメロメロになる飼い主が増えて、徐々に人気が出てきたようじゃな。

メインクーンの特徴と性格について解説

メインクーン ステータス

魔王様、
メインクーン殿の事を詳しく教えてくださいなのにゃ。

猫子分

猫魔王

うむ。
それでは早速紹介しようぞ。

メインクーンの特徴と子猫の値段について解説!!

メインクーンの特徴
レア度(値段)
(3.0)
戦闘力(運動量)
(4.0)
大食い度(食事量)
(5.0)
特殊スキル(特徴)
(4.0)
レア度(値段)
(3.0)
ペットショップで販売されているメインクーンの子猫の価格はおおよそ20万~30万円ほどになります。一般的な猫の相場が15万~30万円なのでやや高めの値段になっています。キャットショーなどで活躍した血統の良い猫は高額になる傾向があります。また、毛色や被毛の長さによって値段がかなり変わるようです。
戦闘力(運動量)
(4.0)
メインクーンの祖先はアメリカのネズミ捕りや害虫駆除をする働き猫(ワーキングキャット)として活躍していました。子猫の頃から遊び好きで、動きは大型の猫としてはかなり活発に動き回ります。普段は穏やかな大人しい性格をしていますが、がっしりとした筋肉質の大型猫でスタミナがあるので、普段から遊んであげたり丈夫なキャットタワーを設置してあげたり運動不足にならないように工夫が必要です。
大食い度(食事量)
(5.0)
メインクーンは猫の中でもかなりの大型の猫種です。食事量は一般的な猫に比べて多めになります。一般的な猫は1年ほどで成猫になりますが、メインクーンは成猫になるまで3~4年かけてゆっくりと成長します。特に子猫から1才ぐらいまでの間は体作りに大切な期間になります。食事量は1回の量を少なめにし、1日に3~5回に分けて与えてあげてください。メインクーンは大型の猫種ですが、成長期に食事制限や十分な栄養が足りないと、体が大きくならないことがあります。食事の量は個体差があるので飼い主さんがチェックしてあげてください。
特殊スキル(特徴)
(4.0)
メインクーンの最大の特徴は、体長が1mほどになる大きな体です。飼い猫の中でもかなりの大きさになるメインクーンは3~4年ほどかけてゆっくり成長します。なかにはギネスブックに載るほど大きくなる子もいるそうです。ちなみに、ギネス記録は体長(頭からしっぽの長さ)123㎝だとか。大きいですね。

猫魔王

メインクーンはかなり大型の猫なようだな。ギネスブックに載るほど大きくなる個体もいるそうだぞ。
魔王様は大きさはメインクーン殿に負けても体重ではぶっちぎりで勝ってると思われますのにゃ!

猫子分

猫魔王

子分よ!にゃ!じゃねーよ!(怒)
後で、ちょっと裏に来るがよい。
………。

猫子分

猫魔王

では、次はメインクーンの性格について解説しようぞ。

多頭飼いは大丈夫?メインクーンの性格を解説

メインクーンの性格
やんちゃ度(好奇心)
(4.0)
ビビリ度(警戒心)
(2.0)
仲良し度(多頭飼い)
(4.0)
なつき度(飼い易さ)
(4.0)
やんちゃ度(好奇心)
(4.0)
メインクーンは子猫の頃から好奇心旺盛で遊ぶことが大好きで高い所に登ったりと活発に動き回ります。ネズミや害虫駆除をしていたワーキングキャット(働き猫)としてのハンター気質な好奇心旺盛な所は成猫になっても残るようです。
ビビリ度(警戒心)
(2.0)
落ち着いた穏やかな性格なので基本的には警戒心はほとんどありません。初対面で大声や大きな物音をたてないように接するとご挨拶をしてくれるようです。また、鳴き声が小さくマンション飼いに向いている猫種です。鳴き声は小さいですがいろんな鳴き声を使いわけ独特な不思議な声を出すようです。飼い主さんが話しかけるとお返事をしてくれたり逆に話かけたりしてくれるとか。
仲良し度(多頭飼い度)
(4.0)
メインクーンは社交性があり、穏やかな性格をしているので多頭飼いに向いている猫種です。メインクーン同士や他の猫種とも仲良くできます。多頭飼いをするには子猫同士や子猫と成猫が良いとされています。また、似たような性格のノルウェージャンフォレストキャットやマンチカンとも相性が良いようです。
なつき度(飼い易さ)
(4.0)
メインクーンはワイルドな見た目と違い温厚で人懐っこい性格の猫種です。また、子猫や成猫になっても他の猫とも仲良くできる社交的な猫なので多頭飼いにも向いています。スリスリベタベタと甘えるタイプではありませんが、飼い主について歩いたり一緒の空間にいることを好み、静かに寄り添ってくれる大人な甘え方をしてくれます。また、頭が良くしつけをするのも簡単に覚えてくれるそうです。体も丈夫なので飼いやすい猫種ですが、大型の猫なので猫のスペースは十分にとってあげる必要があります。

猫魔王

メインクーンは飼い主と会話できるとはなかなか賢いヤツじゃな。おぬしより賢いのかもしれんのう。
そんな事ありま%$!’&#{{)~!

猫子分

猫魔王

ちょ、ちょっと何言ってるかわからんのう。(汗)

メインクーンの身体的特徴

・美しくゴージャスな長毛のシングルコート
メインクーンのふわふわな長毛の被毛はダブルコートではなく実はシングルコートの被毛です。長さが不揃いなシャギーな毛で胸回りからしっぽの毛量が豊富です。

・猫種の中でも一番の大型猫
メインクーンはギネスブックに載るほど成猫になると大きく成長します。
個体差はありますが、体長が1mほどでオスの体重は6㎏~8㎏ほどで、中には10㎏超えの個体もいるそうです。

・メインクーンはノルウェージャンフォレストキャットと顔が似ている
メインクーンとノルウェージャンフォレストキャットの顔はよく似ていて区別しずらいようです。
見分け方としては、横から見ると違いが分かりやすく、メインクーンは「ジェントルカーブ」と呼ばれる鼻筋のカーブが特徴で顔も丸みのある輪郭をしています。また、「リンクスティップ」と呼ばれる耳の飾り毛も特徴の一つです。ノルウェージャンフォレストキャットは鼻筋のカーブが無くまっすぐな鼻筋に、顔は逆三角形の輪郭をしています。ノルウェージャンフォレストキャットは耳の飾り毛はありません。

体型:ロング&サブスタンシャル タイプ
大型で重量感がある体型。

頭:頭部はくさび形
縦長のくさび型。
頬骨が高く、鼻筋のカーブと耳の飾り毛が特徴的。

目:大きめ
たまご型の大きな目で目の感覚が空いている。

目の色:5種類
ブルー/グリーン/ゴールド/カッパー/オッドアイ

身体:がっちり
体が長く、筋肉質のがっしりとした骨格。

毛量:ふわふわ
シングルコートの割には毛量は多く滑らかな触り心地。
毛の長さがふぞろいなシャギーになっていて胸回りからしっぽの毛量が多め。

脚:普通の長さ
被毛に隠れて短足に見えがちですが、足の長さは中くらい。
がっしりしていて足はやや太め。

しっぽ:長め
体とほぼ同じ長さのしっぽ。
付け根が幅広で先端に向かって細くなり、毛は長めのふさふさ。

メインクーン殿は猫魔王軍の門番にふさわしい強靭な肉体を持つ猫種なのにのゃ。

猫子分

メインクーンの柄や人気の毛色

メインクーン 柄 毛色

毛色

ブラックホワイトチョコ
シナモンレッドブルー
ライラックフォーンクリーム

柄の種類

ソリッド/タビー/シルバー&ゴールデン/スモーク&シェーデッド/パーティーカラー/キャリコ&バイカラー/タビー&ホワイト

猫魔王

メインクーンはカラーバリエーションが豊富なようじゃ。
魔王様!
その中でも、特に人気の柄と色を教えて欲しいですにゃ。

猫子分

猫魔王

メインクーンの一番人気は「ブラウン系」じゃな。
大きながっしりとした体型と合ってるみたいだな。模様は「ブラウンタビー(茶色の縞模様)」や「ブラウンクラシックタビー(茶色のマーブル模様)」じゃな。
とっても強そう・・・
ワンパンでKOされそうなのにゃ。

猫子分

猫魔王

2番目に人気の毛色は「レッド系」じゃな。
レッド系とはベースは茶色だが、ややオレンジががった明るい色合いで、模様は「レッドクラシックタビー(茶色のマーブル模様)や「レッドマッカレルタビー(茶色の縞模様)」が人気のようだな。
どちらの模様も額のMの模様がかわいいのう。

メインクーンの掛かり易い病気

猫魔王

では次に、メインクーンを家族に迎える前に、掛かり易い病気や病気への対策、気を付けたい事をまとめようと思う。事前に掛かり易い病気を知っておく事で、未然に防ぐ事も出来るからな。
これはとても大切な事なのにゃ~!

猫子分

猫魔王

うむ、まずはメインクーンの平均寿命じゃ。

メインクーンの平均寿命

猫全体の平均寿命は15年ほどとされていますが、メインクーンの平均寿命は11年~13年と平均的な猫の寿命と比べると少し短めなようです。
長毛特有の病気にもかかりやすいので日頃から動物病院での健康診断を受けるように心がけたいですね。

猫魔王

平均寿命は他の猫種よりは短めだが、その理由は遺伝性の病気が原因かもしれんのう。
遺伝性の病気ってなんか怖いのにゃ。

猫子分

猫魔王

それでは、メインクーンの掛かり易い病気と、その病気を防ぐ為に気を付けたい事をまとめたいと思う。

肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)

肥大型心筋症は心臓病の一つで、発症すると心不全を起こしたり、血栓ができると足の麻痺や突然死などを引き起こします。
高齢猫やオスの猫がかかりやすいと言われていますが、メインクーン全体の3割が肥大型心筋症を引き起こす遺伝子を持っているとされています。

病気への対策と気を付けたい事

遺伝性の病気って事は治らないのにゃ?

猫子分

猫魔王

完治することはかなり難しいのう。
だが、発症せずに天寿を全うする子はいっぱいおるし、早期発見によって進行を遅らせる事は可能だぞ。
早期発見とは、日頃からの健康診断を受けたほうがいいのかにゃ?

猫子分

猫魔王

うむ。
心臓のエコー検査をすることをオススメするぞ。

多発性のう胞腎症(たはつせいのうほうじんしょう)

ペルシャ系の猫やメインクーンに発症し、根本的な治療法がない病気です。
病気の初期は症状が無く、徐々に腎臓にのう胞が作られ、腎臓の機能が低下していきます。
多飲多尿や嘔吐、脱水といった慢性の腎臓病とにた症状がみられ、多くは3才~10才ぐらいまでに発症し腎不全を起こしてしまいます。

病気への対策と気を付けたい事

猫魔王

遺伝性の病気で、残念ながら完治することは難しい病じゃ。
そんにゃ~。
魔王様の力でなんとからならないのですかにゃ?

猫子分

猫魔王

猫子分よ、無茶言うでない。
悲観的にならなくても良い。肥大型心筋症と同じく発症しない子もたいさんいるのじゃよ。
わかりましたにゃ。
魔王様!この病気も早期発見が大事な気がしますにゃ!

猫子分

猫魔王

うむ、よくぞ言った!
日頃の健康診断は大切だぞ。腎臓のエコー検査で早期発見できればそれだけ早くから治療も行えるからのう。
魔王様!
あっしも心配なのでちょっと健康診断に行ってきますにゃ!!

猫子分

症状別の猫の病気について
猫の病気については下記で詳しくまとめてあります。他にも罹患が疑われる病気も多数存在するので、いつもより元気がないと感じたら、何の病気が疑われるかをチェックするようにしましょう。

猫のこんな症状が出たら要注意!症状から見る病気とその予防策≫

メインクーンは太り易いので注意が必要

メインクーンは大型の猫なので一般的な猫に比べてよくゴハンを食べます。
成猫になるまでは大きな体を作るために栄養とカロリーが必要なので特にフードの制限は必要ありませんが、成猫やシニアになって同じ量の食事では太ってしまいます。特にメインクーンは長毛種の猫なので見ただけでは太っているかどうかわかりづらいです。
体重管理も大事ですが実際に体を触ってみて太っているかどうかチェックしてあげてください。
簡単なチェック方法は、お腹周りを触ってみて「肋骨がわかるかどうか」と「背骨がわかるかどうか」です。脂肪が多くて骨を確認しずらいようなら肥満傾向にあると言えます。

猫魔王

子分よ!
ワシにも肥満チェックをやってみるのだ!
魔王様!大変です!
骨がどこにあるか全くわからないのにゃ!

猫子分

猫魔王

やっぱりか。。
最近は運動不足だったからかのぅ、ちょっとジョギングに行ってくるぞ。

メインクーンを飼っている人の口コミ

・初対面の人にも挨拶してくれます。
愛想がよく初めての人にも分け隔てなく挨拶してくれます。
・落ち着いている
若い猫の頃は元気に走り回っていましたが、成猫になっていくにつれてかなり落ち着いてきました。
一般的な猫に比べて少し鈍くさい所もあります。
・とても賢い猫です
やってはいけない事を理解しているようで、やってはいけない事を目撃すると「しまった」顔をしています。
手先も器用で引き戸を開けたりドアを開けたりもします。
あっしもメインクーン殿を見習ってドアを開ける練習からしてみるのにゃ!

猫子分

メインクーンのまとめ

猫魔王

ここまで、メインクーンについて特徴や性格、お迎えする前に気を付けたい事や病気の事、実際にメインクーンを飼われている方のブログや動画を紹介してきたがどうだったかな。
なんだか完璧すぎてメインクーン殿の欠点ってないような気がしてきたのにゃ。

猫子分

猫魔王

うむ。
それでは最後にメインクーンの「飼い易さポイント」と「注意ポイント」をまとめるとしよう。

メインクーンの飼い易さポイント

子猫の頃は好奇心旺盛でも、成猫になるにつれ穏やかな性格へ。

子猫の頃は好奇心旺盛で、成猫になるまでは元気いっぱいに走り回ったりします。ときには大胆な行動をとったりしますが、基本的には成猫になると落ち着いた性格になります。

初対面にもご挨拶してくれる動じない性格の持ち主です。

子猫~成猫になるまでは活発に動き回り大胆な行動を取ることもありますが、成猫になると徐々に落ち着いてきて、本来の大人しい穏やかな性格が表れてきます。初対面の人には少々人見知りをする面もありますが、あまり怯えたりせずにご挨拶をしてくれます。

メインクーンは多頭飼いに向いています。

メインクーンは社交性があり、穏やかな性格をしているので多頭飼いに向いている猫種です。子猫の頃は好奇心旺盛なので子猫同士やおもちゃなので良く遊びます。
大人になるにつれて温厚で落ち着いた性格になってくるため、他の猫とも折り合いがつきやすくケンカになることが少ないようです。

メインクーンを飼う時に注意したい事

キャットタワーは大型な頑丈なもの用意しましょう。

メインクーンは身体能力が高く、体も大きいので大型の頑丈にキャットタワーを用意してあげると良いです。

遺伝子疾患には注意が必要。

メインクーンは肥大型心筋症や多発性のう胞腎といった遺伝性の病気があります。日頃の定期検査や健康診断にエコーの検査をしてもらうなど早期発見ができるように心がけましょう。

メインクーンは肥満には気を付けよう。

メインクーンは大型の猫なので一般的な猫に比べてよくゴハンを食べます。子猫の頃は栄養の高いフードが良いですが、成猫~シニアになるにつけて運動量が減りカロリーもあまり必要なくなるので、同じフードのままだと太ってしまいます。カロリーオーバーにならないようにキャットフードを見直すなど、その子に合ったフードを選ぶようにしたいですね。

猫魔王

キャットフードは大事だから必見じゃ!
健康に良いご飯は美味しいのにゃ。

猫子分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。