猫魔王と猫子分が猫の全てを解説するブログ

家の中も危険が一杯?!猫に危険な虫・卵から身を守る方法

猫にとって危険な虫、卵

猫にとって危険な生物は外にいる動物だけではなく、家の中にも入ってきてしまう虫にも注意が必要です。

どんなに気を付けていても、家の隙間から侵入して来る事がありますし、飼い主の衣服などに紛れて家の中に入って来る場合もあるでしょう。猫にとって虫はそれほど危険ではない場合もありますが、中には危険な虫も存在します。

このページでは猫にとって危険な虫6種類と、もしも猫が虫に刺されてしまった場合や猫が虫を食べてしまった場合、または虫の卵などの対処法などを簡潔にまとめたいと思います。

尚、「猫にとって危険な天敵(動物)」については下記ページでまとめました。こちらも併せてチェックしましょう。

猫の天敵外猫さんは気を付けて!!猫の天敵から身を守る方法

猫にとって危険な虫6種

猫にとって危険なのは動物だけではないようです。外だけではなく、家の中にも入ってきてしまう虫の中には危険な個体も存在します。

猫は虫を見つけると狩猟本能が目覚めてじゃれつく場合がありますが、特に注意しておきたい虫6種類をまとめました。

この虫達は、猫にとってどんな危険があるのかを解説していきます。

猫魔王

子分は猫にとって危険な虫とは、何が思いつくか?
うーん、
人間にも危険だけどスズメバチとかにゃ?

猫子分

猫魔王

うむ、
危険と一言に言っても、噛まれたり刺されて危ないものや、感染症が危険な寄生虫や細菌もあるぞ。
にゃるほど!
詳しく解説をお願いしますにゃ!

猫子分

猫にとって危険な虫 蚊

猫 天敵 危険な虫 蚊

猫が蚊に刺されてしまうと、アレルギー反応を起こしてしまう場合があります。この蚊によるアレルギー反応はかゆみを伴い、皮膚が赤くなります。

また、一番危険なものが、蚊が媒介する寄生虫の「フィラリア症(犬糸状虫症)」です。犬に多くみられるフィラリア症ですが、猫にも感染してしまいます。犬がフィラリア症になってしまうと、成虫が心臓や肺に大量に寄生し、咳や心不全の症状を起こします。

猫の場合は、犬に比べてフィラリアの成虫が体内で成長する事が少なく、心臓や肺に到達するフィラリア成虫は1匹~3匹とかなり少ないそうです。そのため病院で血液検査をしても、感染がわかりずらく、さまざまな症状が出るので初期治療が難しいとされています。

猫がフィラリア症に感染した時の症状とは
・咳をする
・吐いてしまう
・元気がなくなる
・食欲が無くなる
・体重が減ってしまう
・咳が出る
・呼吸困難になる

猫のフィラリア症は、体内で成虫まで成長する事が少なく、成虫の寿命は2年~3年ほどとされています。成虫が体内にいる間は猫の症状も安定していますが、成虫が寿命を迎えると、肺や心臓の血管に成虫が詰まってしまい血栓のような状態になってしまいます。そうすると血液の循環が遮断されてしまい容態が急変してしまう危険性があります。

フィラリア症の治療法は現在は対症療法がほとんどで、炎症を抑える薬を使用したり、これ以上の感染を防ぐためにフィラリア予防薬を投与します。犬の場合には、成虫を取り除く外科手術を行ったりしますが、猫の場合はほとんどなく、駆虫薬の使用もリスクが高いので推奨されてはいません。

フィラリア症は予防が大切!

フィラリア症は症状が出てしまうと治療が難しい病気なので、フィラリア症にならないように飼い猫には予防薬を投与するようにしてください。
また、少ない症例ながら、フィラリア症の動物を吸血した蚊に刺される事で人間もフィラリア症に感染してしまうケースがあります。蚊が出る時期には忌避剤などを上手に使い、蚊に吸血されないように気を付けましょう。

猫魔王

フィラリアの予防には5月ぐらい~12月上旬ぐらいまで予防薬を投与するようにして欲しいぞ。
蚊が出始めてから1か月以内~蚊がいなくなった1か月ぐらいまでは目安なのにゃ!

猫子分

猫にとって危険な虫 ムカデ

猫 天敵 危険な虫 ムカデ

ムカデは漢字で「百足」と書くように足が非常に多い肉食の昆虫です。ムカデは世界で2000種類以上いるとされ、日本でも全国に分布し、100種類以上のムカデが生息しています。ムカデは暖かい所を好み、寒いと動きが鈍くなっていまうので、北海道には生息数が少ないようです。
体長は小さなもので4㎜~大型だと30㎝近くあります。一般的なムカデは1㎝~10㎝程度で、すべてのムカデに毒があります。

目が退化しているかわりに触覚が鋭く、動くものに接触するとすぐ反応し小さな昆虫やネズミやコウモリなどを捕食します。
ムカデは薄暗いジメっとした湿度の高い場所を好み、普段は大人しくしていますが、獲物を捕食する時や、天敵から逃げる時には非常に動きが素早いです。

ムカデの毒は強い毒性を持っているのでうっかり噛まれてしまうと、噛まれた箇所が炎症を起こし、強い痛みがあります。もし、人が噛まれてしまった場合には流水で毒を絞り出し、病院で処置してもらうようにしてください。

ムカデと猫の大きさによって症状の重さが変わる

猫がムカデに噛まれてしまった場合には、なるべく早く動物病院に連れて行くようにしてください。ムカデの大きさにもよって毒の量が変わってくるので、大きいムカデであれば症状もそれだけ重くなります。
また、子猫がムカデに噛まれてしまうと、重症化してしまう可能性もあるので注意が必要です。
また、ムカデに噛まれたのが初めてではない場合には、重度のアレルギー反応を起こしてしまう恐れがあります。

猫がムカデに噛まれた時の症状とは
・噛まれた部分が腫れる
・元気がなくなりぐったりとする
・噛まれた所を痛がる
・よだれを垂らす
・嘔吐してしまう

もし、家にムカデがいた場合には、どうしたらよいでしょうか。
ムカデは生命力が非常に強く、頭と胴体が離れた状態でもしばらく生きているそうです。ハサミで切断したり、胴体をつぶしても、うっかり頭に触れて噛まれてしまうおそれもあるので素手では触らないようにしましょう。

ムカデの頭を叩いて動きを鈍らせる方法もありますが、つぶしてしまうと体液が飛び散ってしまう恐れがあるのであまりオススメはしません。
また、市販の殺虫剤をスプレーにてもムカデにはあまり効果が無いようです。

とにかく家から追い出す!

一番効果がある方法は、「さいばし」や「トング」を使って家から追い出す事です。動きが早くて捕まえずらしい場合には、市販の冷却タイプの殺虫剤をスプレーすると寒さで動きが鈍くなるので捕獲しやすいです。

猫魔王

まずはムカデに噛まれない事が大切じゃ。もし、ムカデを家の中で発見したら、猫を避難させてからムカデを追い出すようにして欲しいぞ。
わかったのにゃ!

猫子分

猫にとって危険な虫 ノミ・ダニ・マダニ

猫 天敵 危険な虫 ダニ・ノミ

「ノミ」と「ダニ」の違いとは?
ノミもダニも人や猫にとっては害を及ぼす天敵です。そんなノミとダニの違いを知っていますか?ノミやダニにはどんな特徴を持っているのか、どんな病気を引き起こすのか見てみましょう。

ノミ(約2.0㎜~2.5mm)

日本にいるノミはおよそ80種類。ノミは動物(猫、犬、タヌキ、イタチ、ネズミ)に寄生し吸血をします。ノミは肉眼で確認する事ができ、人間にも吸血します。刺されると強いかゆみを伴い、水ぶくれのようになってしまう事もあります。

ノミは肉眼で見つける事ができるので、つぶして駆除する人がいますが、絶対につぶすのはやめましょう。もしも、メスのノミをつぶしてしまうと、卵が飛び散って部屋に拡散し、そこからまた繁殖する可能性があるからです。

ノミは人や動物に寄生する以外にはこんな所に潜んでいます。
屋外では、直射日光の当たらないジメジメした場所を好み、室内では、部屋の隅やベッドやソファーなどに見られます。また、暖かい場所では一年中繁殖を繰り返します。

ノミが引き起こす病気とは

・アレルギー性皮膚炎
猫がノミに吸血されると、アレルギー性の皮膚炎になってしまう事があります。これは、ノミの唾液にアレルギー反応を起こしてしまい、強いかゆみを伴います。かゆみで皮膚を噛んだり引っかいてしまい、皮膚が炎症を起こしたり、毛が抜けてしまう事があります。

・瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)
瓜実条虫に感染したノミをつぶしたり食べたりすることで、猫が瓜実条虫に感染することがあります。主な症状は下痢や体重の減少と、肛門がかゆくなるのでお尻を地面にこすりつけるようになります。これは、お尻から米粒のような瓜実条虫が動いて出てくるので不快感があるよです。

もし、感染していた場合には、動物病院で駆除薬を貰うようにしましょう。

他には、猫が大量のノミに吸血されてしまうと、毛づやが悪くなってしまったり、貧血を起こしてしまいます。特に、体力の無い子猫の場合には命の危険もあります。もし、そんな猫を外で見つけてしまったら、ぜひ手を差し伸べて動物病院に連れて行き治療をしてあげてください。

ダニ(0.3mm~1.0mm)

クモやサソリの仲間のダニは、必ず家の中にいます。特に湿度が高い場所を好むので、日本の梅雨の時期はダニが最も増えやすい季節です。また、ダニは種類によってエサの違いがあり、例えば、布団やソファーにいるヒョウヒダニ(チリダニ)は、ホコリや人の老廃物(フケ、アカ、汗)を好み、カーペットや畳にいるツメダニは他のダニや小さな昆虫をエサとします。

特に、人が集まるリビングのカーペットや、毎日寝る布団や枕には大量のダニやフンが潜んでいます。ダニの繁殖を防ぐには、カーペットにはこまめに掃除機をかけ、洗えるものは洗濯をして、布団は布団乾燥機を使ってダニの繁殖を防ぎましょう。

マダニ(1㎜~5㎜)

マダニは通常のダニより大型で、幼虫~成虫のいずれの時期でも吸血します。マダニは通常では家にいる事がなく、森や草地、畑などの屋外に生息しています。この生息地に人やペットが立ち入ることで、服やペットの毛にマダニが付着して吸血される場合があります。

マダニが引き起こす病気とは

・重症熱性血小板減少症候群(SFTS)

SFTSウイルスは2011年に中国よの報告された新しいウイルス感染症です。このSFTSウイルスを持っているマダニに噛まれてしまうと感染してしまう恐れがあります。

猫がSFTSを発症した時の症状とは
・発熱する
・食欲が無くなる
・嘔吐を繰り返す
・下痢をしてしまう

もし、マダニに噛まれてしまった場合には、無理に取らずに動物病院に連れて行くようにしましょう。無理に取ろうすると、マダニの一部が体に残ってしまい炎症を起こすことがあります。また、無理に取ったマダニに噛まれてしまう事もあるので手を出さないようにしてください。

SFTSは人獣共通感染症です。マダニから犬・猫への感染や、マダニから人への感染はありますが、犬・猫から人への感染はほぼ無いとされています。しかし、ペットへの口移しや一緒に寝るなどの過剰な接触は感染のリスクがあるので注意が必要です。また、ペットに触れた後はしっかりと手洗いをするようにしましょう。

・ライム病
ライム病とは、マダニが媒介するスピノヘータの一種であるボレリア菌による人獣共通感染症です。ライム病は猫だけではなく、人にも感染します。日本では、北海道や長野県で感染例が多く報告されているようです。日本ではまだワクチンがないので、感染しないように予防する事が大切です。

猫がライム病を発症した時の症状とは
・発熱する
・元気がなくなる
・食欲がなくなる
・関節炎や神経炎がある
・突然歩けなくなる

・猫ヘモプラズマ感染症
マダニが媒介するヘモプラズマ細菌(マイコプラズマ細菌の一種)が赤血球に寄生し破壊してしまう病気です。マダニの吸血時や感染した猫同士の喧嘩によって感染します。治療には、抗生剤や赤血球の破壊を抑えるステロイドの投与、貧血がひどい場合には輸血を行います。
猫ヘモプラズマ感染症には、予防薬やワクチンがないので、ノミ・ダニの予防薬を投与し、屋外へはなるべく出さないようにしましょう。

猫ヘモプラズマ感染症の症状とは
・貧血が起こる
・食欲が無くなる
・元気が無くなる
・発熱する
・歯茎が白くなる
・呼吸が苦しそうになる

猫がノミやダニの被害に合わないようにするには、しっかりとノミ・ダニの予防薬を投与する事が大切です。皮膚が弱い猫には、こまめに掃除をしてノミやダニの発生を抑えるようにしましょう。
また、外に出てしまう猫には、家に帰ってきたらブラッシングをしながら、マダニがついていないかチェックをしてあげてください。もし、マダニを見つけた場合には動物病院で駆除をお願いしましょう。

外出してしまう猫の場合は、ブラッシングだけでなく、定期的なシャンプーが必要になります。短毛種であれば、年に1~2回程度で、長毛種は月1回ぐらいの頻度でシャンプーをしてあげると良いですね。

見てるだけでなんだか痒くなってくるのにゃ!

猫子分

猫魔王

ノミ・ダニには予防薬を投与するだけで簡単に予防ができるので、猫を守るためにも飼い主さんにはぜひ使って欲しいぞ!

猫にとって危険な寄生虫 回虫

猫 天敵 危険な虫 回虫・寄生虫

回虫とは、猫が感染する「猫回虫」と、犬が感染する「犬回虫」「犬小回虫」と呼ばれる寄生虫で、人にも感染する人獣共通感染症です。犬小回虫はまれに猫にも感染します。成虫の大きさは5㎝~10㎝ほどで白い糸状の寄生虫が小腸に寄生します。
回虫の卵は便から排出されますが、かなり小さいので、肉眼では確認する事はできません。

猫回虫の感染経路とは
・回虫の卵を口から摂取する
・回虫の宿主(ネズミ、ミミズ、ゴキブリ)を捕食する
・母乳による感染

猫回虫に感染してしまっても、少量であればほとんどの場合が無症状です。しかし、猫回虫が大量に寄生してしまうと、体調を崩してしまいます。特に、子猫が猫回虫に感染してしまうと、嘔吐や下痢の症状で脱水や衰弱してしまう恐れがあるので早めに動物病院に連れて行くようにしてください。

猫回虫症の症状とは
・嘔吐してしまう
・下痢をする
・お腹が膨らんでしまう
・食欲が無くなる
・発育が遅くなる

猫回虫の量が多いと腸閉塞を起こしたり、幼虫が肺に移動すると肺炎を起こすことがあります。

猫回虫の治療法には、飲み薬の駆除薬や、背中に垂らすタイプの駆除薬などがあるので、猫に合わせて動物病院でもらうようにしてください。最初の投与から3週間~4週間後にもう1度駆除薬を投与する事で猫回虫を駆除する事ができます。
駆除中の便の処理はそこまで神経質になる必要はありません。回虫の卵は排出されてもすぐには孵化できないので、便を舐めてしまっても感染力はありません。こまめに片付けていれば問題ないのです。
また、部屋の中に猫回虫の卵があるかもしれないので、念のために掃除機をかけて消毒をすると安心ですね。

また、回虫は人にも感染する可能性があるので、公園の砂場や、飼い猫が猫回虫になってしまった場合には、注意が必要です。

猫魔王

猫回虫は自然に体内から排出されることは少ないから、しっかりと駆除薬を使って治すようにしないとダメだぞ。
駆除できるまではみんなと会わないようにするのにゃ!

猫子分

猫にとって危険な虫 ハチ

猫 天敵 危険な虫 蜂

ハチの種類は世界で約30万種いるとされ、日本に生息しているハチは約4000種生息しています。ハチと一言で言っても、刺すハチと刺さないハチが存在し、人を刺すハチは日本では15種類ほどいます。

・スズメバチ(約2㎝~5㎝)
時速40㎞で飛ぶことができ、巣に近づくだけで攻撃をしてきます。

スズメバチは針を刺して毒を注入するだけでなく、針から毒を飛ばして攻撃してきます。この霧状の毒は目に入ってしまうと失明の危険性もありながら、仲間を呼ぶフェロモンの役割もします。

・アシナガバチ(約2㎝~3㎝)
長い足が特徴的で、足をブラブラさせながら飛んでいます。

体格はスズメバチより細身で、あまり早く飛ぶことはできません。スズメバチほど気性は荒くなく、アシナガバチから攻撃してくる事は少ないようです。

・ミツバチ(1.2㎝~2㎝)
ミツバチはスズメバチとは違い、二度針を刺すことはできません。

そのため、ミツバチは攻撃性が低く、よほど刺激しないかぎりは攻撃することはありません。ミツバチの針は刺されると皮膚に刺さり残ってしまいます。

外猫や外出する飼い猫は、ハチに刺されてしまうリスクがあります。室外飼いの猫でも、玄関や窓、洗濯物に紛れてハチが室内に入ってしまう事もあります。

もし、ハチが猫を刺してしまったらどうなる?

ハチが飛んでいると猫はどうしても好奇心に勝てずに、ハチに近づいてしまい、猫の前足や肉球、顔を刺されてしまいます。

ミツバチは繰り返し刺すことがありませんが、スズメバチやアシナガバチは繰り返し何回も刺してきます。1匹だけでなく何匹にも刺されてしまうと、それだけ多くの毒が注入されてしまい症状が重くなってしまいます。

もし、ハチ刺されてしまった場合には、患部を確認してハチの針が抜けるようであれば、ピンセットを使って抜いてください。水で患部を洗い流し、氷などで冷やしましょう。

猫がハチに刺された時の症状とは
・刺された箇所が腫れる
・痛みで患部を気にする
・発熱する
・嘔吐する
・震えている
・呼吸が苦しそうにしている

嘔吐や、震え、呼吸困難はアナフィラキシーショックを起こしている可能性があります。急性のアレルギー反応であるアナフィラキシーショックは15分以内に起こるので、なるべく早めに動物病院に連れて行くようにしてください。

猫魔王

ハチに刺されても人用の薬を使うのはあまりオススメはできないぞ。
薬だったらどれも同じじゃないのにゃ?

猫子分

猫魔王

人用と猫用の薬では、薬の成分の含有量や効能が違ってくるから、もし、使うようであればかかりつけ医に相談すると良いぞ。
なるほどなのにゃ!

猫子分

猫にとって危険な虫 ゴキブリ

猫 天敵 危険な虫 ゴキブリ

世界では4000種類以上いるとされているゴキブリ。日本にいるゴキブリの種類は主に4種類生息しています。ゴキブリは見た目が気持ち悪いと苦手な人が多いと思います。家にゴキブリが出ても退治する事もできない人は少なくありません。
しかし、ゴキブリは見た目が気持ち悪いだけでなく、繁殖能力が非常に高く、雑食性で何でも食べてしまうので、家に住み着いてしまうと瞬く間に増えてしまいます。

普段は大人しい飼い猫でも、元々狩りをしていた本能は、少なからず残っています。猫ハンターが家の床や壁でカサカサうごめいている者を発見してしまったら、捕まえずにはいられません。遊びで追いかけてるだけでも次第に興奮して捕食してしまうこともあります。

もし、猫がゴキブリを食べてしまったらどうなる?

ゴキブリの体内には寄生虫や細菌がたくさん潜んでいます。そんなゴキブリを口に咥えたり、食べてしまうと、寄生虫や細菌に感染してしまう可能性があります。もし、猫がゴキブリを食べてしまったら、念のために動物病院に相談するようにしてください。

また、ゴキブリを退治しようと駆除剤や殺虫剤を大量に浴びたゴキブリを咥えたり、食べてしまうと、猫は中毒症状を起こしてしまう危険性があります。駆除剤や殺虫剤によっては、すぐに症状が現れずに、元気でも体調が急変してしまう事もあります。動物病院に連れて行く時には、何を摂取してしまったかわかるように、使用した殺虫剤や駆除剤を持って行くようにしましょう。

カサカサしているのを見ると、どうしても捕まえたくなってしまうのにゃ。

猫子分

猫魔王

頼むからワシの枕元にプレゼントを置くでないぞ!

猫にとって危険な虫 まとめ

今回は猫にとって危険な昆虫ついて解説しました。猫を外で遊ばせている方や、家の周りで上記の虫を良く見かける方は特に気を付けて欲しいです。

また、家の中に虫が侵入して来る場合もありますので、その点も注意するようにしましょう。

猫魔王

猫にとって危険な虫は意外に多いのう。
虫を見ると狩りたくてウズウズするけど、注意が必要なのにゃ…

猫子分

猫の天敵となる虫まとめ

外猫は勿論ですが、飼い猫でも昆虫は「天敵」に成り得る存在なので注意が必要です。特に気を付けて欲しい虫は以下の6種類です。
虫は噛まれたり刺されたりする以外にも、寄生虫や細菌などを媒介してしまうので猫や人にとっても注意が必要になります。

・蚊
・ムカデ
・ノミ、ダニ、マダニ
・回虫
・ハチ
・ゴキブリ

ムカデの毒はムカデの大きさによって異なりますが、成猫でも痛みや腫れがひどく、解毒薬もないので完治するまでに2週間近くかかる場合があります。もし、体の小さい子猫がムカデに噛まれてしまうと、命にかかわる場合があるので、子猫のいる家庭ではムカデには注意をするようにしてください。

もし、ムカデに刺されてしまった場合には、すぐに動物病院に連れて行くようにしましょう。
ムカデの毒は、患部を43℃以上に暖めると毒の活性を抑える効果があるそうです。しかし、温度が40℃だと毒が活性化してしまうので、うかつに応急処置はしないほうがよいようです。冷やすのもNG。

回虫の注意点としては、猫が回虫に一度感染してしまうと、完全に体から排出されるまでに2か月弱かかります。中途半端な治療で完全に体から回虫が排出されないと、また回虫が増殖してしまうのでしっかりと駆除をする必要があります。
特に、多頭飼いしている家庭ではしっかりと隔離をしないと、他の飼い猫が感染してしまう恐れがあるので注意が必要です。

家の中でも危険が潜んでいたなんて、今まで無事だったのが不思議なぐらいなのにゃ。(汗)

猫子分

猫魔王

家の中に侵入して来るかもしれない虫については、家の環境によって変わって来る。この機会に、周りにどんな危険な虫がいるか把握して欲しいぞ。
あっしも弟分の為にも見回りに行ってくるのにゃ!

猫子分

猫にとって「危険な虫」をまとめましたが如何だったでしょうか。

猫は決して強い動物ではありません。

猫にとって危険な動物や虫から守ってあげるのは飼い主としての役目ですし、気に掛けている地域猫さんの為にも、どんな動物や昆虫が猫にとって危険なのかを知っておく事で、防衛策や対応策を考える事が出来ると思います。

尚、危険な動物(猫の天敵)については下記ページにてまとめてあります。特に飼い猫を外に散歩させている方や地域猫を気に掛けている方は危険が無いかチェックされる事を推奨致します。

猫の天敵外猫さんは気を付けて!!猫の天敵から身を守る方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。