猫魔王と猫子分が猫の全てを解説するブログ

【猫ブログ】シャルトリューの性格が判るおすすめ猫ブログ

シャルトリューの猫ブログ性格や値段

このページはブルーの御三家とも言われている、猫種「シャルトリュー」をお迎えする前に読んでおきたい役立ちブログや「シャルトリュー」がとにかくかわいいブログ、またシャルトリューを実際に飼われている有名人(芸能人)の方を紹介しています。「シャルトリュー」のかわいい子猫画像は見ていて癒されますよね。

ページ後半では、シャルトリューの特徴や毛色、性格や行動範囲から値段の事まで。実際にお迎えする前に知っておきたい事、気を付けたい事などを当ブログの主である「猫魔王」と「猫子分」が解説します。これからシャルトリューを飼いたい方のお役に立てれば嬉しい限りです。

シャルトリューのおすすめ猫ブログ3選

猫魔王

実際にシャルトリューを飼っている下僕達(飼い主)のブログを紹介しようと思うぞ!皆、献身的に奉公していて中々面白いブログが揃っておる!
シャルトリュー殿のかわいい画像が一杯なのにゃ!

猫子分

猫魔王

これからシャルトリューを迎えたいと考えているお主たちにとって、とても役に立つであろうブログを揃えておる。実体験は貴重な情報源だから、しかと見ておく事をおすすめするぞ!
魔王様!
あっしも一緒に見に行きたいですにゃ!

猫子分

猫魔王

よかろう!
吾輩に付いて来るが良い!
ふはははは!

ここではシャルトリューを飼っている人のおすすめブログを紹介していきます。シャルトリューのかわいい画像や動画、またシャルトリューの子猫時代。気を付けたい病気、そして闘病生活の話など。

これからシャルトリューを家族に迎えたいと考えている方にとって、とても役に立ちそうなブログを集めました。実体験は貴重な情報源なので参考になると思います。

シャルトリューブログ「黒柴とシャルトリューの同居生活」

黒柴とシャルトリューは一緒に暮らせるのか?
シャルトリューの猫ブログ

「黒柴とシャルトリューの同居生活」

2012年生まれの黒柴犬の女の子「小夏」ちゃんと、2016年生まれのシャルトリューの男の子「りゅう」君の日常を綴ったブログです。りゅう君は食べることが大好きで出されたフードは好き嫌いせずになんでも食べるそうです。りゅう君の毎日の日課は窓から外を監視する「ニャルソック」!監視した後はご褒美のおやつタイムですね。シャルトリューは少し体が大きいので小さいキャットタワーだとグラグラしてしまうそうです。キャットタワーを選ぶ時は大きさも選ぶポイントに加えたい所ですね。シャルトリューのかわいい仕草や黒柴犬の小夏ちゃんとの生活が書かれているのでぜひ参考にしてみたください。

まんまるな顔のりゅう君がかわいいのにゃ!

猫子分

猫魔王

香箱座りしてるりゅう君もたまらないぞ!

シャルトリューブログ「☆きまぐれのバランス☆」

我が家の愛猫☆シャルトリューのシュシュとの微笑みLife

シャルトリューの猫ブログ

「☆きまぐれのバランス☆」

2007年生まれの男の子「シュシュ」君はソファで寝ていても背中から落ちたり、遊びに夢中になると背中から落ちてしまうドジっ子さん。2014年3月生まれの男の子「ジョア」君は明るく元気で物応じしない性格だとか。2017年にお迎えした「プリンセスハナ」ちゃんはちゅ〜るとシーバが大好きらしく、みんなが食べていても横取りしてしまうとか。同じシャルトリューでもそれぞれの性格の違いや体の大きさの比較が見れるが良いですね。性格が違う3匹でも仲良くしているそうです。シャルトリューの魅力が伝わるブログなのでぜひ見てくださいね。

3匹の様子は見てて飽きないのにゃ!

猫子分

猫魔王

キャットタワーから降りれなくなったシュシュの動画は必見だぞ!

シャルトリューブログ「ねりのへや」

シャルトリューの猫ブログ
「ねりのへや」

2012年に6月生まれのシャルトリューの女の子「ねり」をキャッテリーからお迎えしました。飼い主さんはねりちゃんをお迎えする前に先代の「ぢる」君と飼っていたそうです。ぢる君は2012年5月に虹の橋を渡ってしまいましたが、ぢるくんがいた頃から次はシャルトリューを飼うと決めていたとか。ブログ内では、ねりちゃんの日常やシャルトリューの魅力についてわかりやすく書かれているのでシャルトリューをお迎えしようと考えている方には参考になるブログです。

シャルトリューのかわいさが伝わってくるブログなのにゃ!

猫子分

猫魔王

おっちょこちょいなとこもシャルトリューの魅力だのう。

シャルトリューを飼っている有名人

「伊藤蘭」さん

元キャンディーズで女優の伊藤蘭さんはハチワレ猫の「げんた」とシャルトリューの「くらら」を飼われています。くららは虹の橋を渡ってしまいましたが、その後、マンチカンの女の子「チュニ」を家族にお迎えしたとか。クララが居なくなってから元気がなかったげんたもうれしそうにしているそうです。伊藤蘭さんのInstagramでは、げんた、チュニの元気な姿や生前のくららも見ることができます。

どの子も大切にされているのがよくわかるのにゃ!

猫子分

シャルトリューの特徴と歴史・ルーツを解説

 

シャルトリューの歴史やルーツ

英語表記Chartreux
原産国フランス
誕生年1850年代
公認団体CFA/TICA/FIFe/GCCF
平均体重3㎏~6.5㎏
平均寿命12年~15年
毛種短毛種
価格25万円~30万円

シャルトリューのブルー・グレーの青みがかった灰色の被毛は、ロシアンブルー・コラットと並んで「3大ブルーキャット」「ブルー御三家」と言われおり、フランスでは多くの著名人や市民に愛され、「フランスの宝」とも称されています。

シャルトリューのルーツは、いろんな説がありはっきりとわかってはいませんが、フランスとイタリアの国境近くで生まれたのではと言われています。いくつかの説の中で有力な説は、シャルトリュー派の修道士が北アフリカから連れ帰って飼っていた猫の子孫であるという説や、十字軍の時代にヨーロッパに持ち込まれた猫の子孫説、シリア出身の猫の子孫説などさまざまあるようです。シャルトリューの名前の由来については、カルトジオ修道士が作っている薬草系のリキュール「シャルトリューズ」から名付けられたと言われています。

シャルトリューは謎が多そうなのにゃ。

猫子分

猫魔王

うむ、
しかし、16世紀頃の文献や絵画にシャルトリューとよく似た猫が登場していたようだぞ。
その頃にはちゃんと居た記録が残ってるとはさすが有名猫なのにゃ!

猫子分

シャルトリューにはとても悲しい歴史があります。フランスで元々はネズミを駆除するワーキングキャットとして大切にされていたシャルトリュー。しかし、世界大戦によって多くの純血種の猫は食糧難によって激減してしまい、シャルトリューの数も除々に減ってきていました。さらに、シャルトリューの美しい被毛は毛皮として重宝され高値で取引されるようになっていました。シャルトリューは他の猫に比べて体が大きく毛皮を取るのに適していたのも重宝された理由の一つです。悲しいことに、ワーキングキャットしてではなく、毛皮目的として飼育されていたシャルトリューは絶滅寸前まで数が減ってしまいました。

しかし、戦後にシャルトリューの愛好家達はなんとか個体数を増やそうと、ペルシャやブリティッシュブルーと異種交配をしながら数を増やしていったのです。その後、数が回復したシャルトリューは現在では世界中に輸出されるようになり、世界中で人気の猫種になっています。

毛皮目的で飼育されていたなんて相当な闇歴史なのにゃ。

猫子分

猫魔王

ひどい時代だったのう。
だが、今ではフランスだけでなく世界中で愛される猫種になって本当によかったぞ。

シャルトリューの特徴と性格について解説

シャルトリューのステータス

魔王様、
シャルトリュー殿の事を詳しく教えてくださいなのにゃ。

猫子分

猫魔王

うむ。
それでは早速紹介しようぞ。

シャルトリューの特徴と子猫の値段について解説!!

シャルトリューの特徴
レア度(値段)
(3.0)
戦闘力(運動量)
(5.0)
大食い度(食事量)
(4.0)
特殊スキル(特徴)
(4.0)
レア度(値段)
(3.0)

シャルトリューの子猫のペットショップでの販売価格はおおよそ25万円〜30万円くらいの価格になっていますが、シャルトリューは若干数が少ない猫種なのでペットショップで購入を考えている人は事前に問い合わせをしたほうがよいかもしれません。シャルトリューをお迎えしようと考えているのであれば、ブリーダーからの購入が確実です。ブリーダからの平均価格は、20万円〜25万円前後。両親が良い血統やチャンピョンの場合には30万円〜40万円の高額になることもあるようです。

戦闘力(運動量)
(5.0)
元々はネズミ駆除のワーキングキャットして飼われていたシャルトリューは運動能力が高く、遊ぶことが大好きな猫です。のんびりとしていて大人しそうな見た目ですが、おもちゃを見つけるとワーキングキャットの血が騒ぐようで夢中になって遊びます。シャルトリューは一般的な猫と比べてやや体が大いので、キャットタワーを設置する時は大型のしっかりとしたものを用意するようにしてくださいね。
大食い度(食事量)
(4.0)
シャルトリューは体重3㎏~6.5㎏とセミコビータイプの中でもやや大きめの猫種で、よく遊び、よく食べるなので肥満には注意が必要です。子猫〜成猫にかけてはがっしりとした体型を作るのに必要な良質なタンパク質と消化の良いフード与え、去勢避妊手術後や運動量が減ってくる年齢には、食事量を減らしたり、カロリーを抑えたフードを与えるようにしましょう。
特殊スキル(特徴)
(4.0)
「ブルー御三家」「ブルーキャット」とも呼ばれるシャルトリューの最大の特徴は、美しいブルーの被毛です。ブルーにややグレーがかった被毛は毛先にシルバーのティッピング(毛先に濃い色が入っている毛色)があり、光沢感のある独特な色合いをしています。シャルトリューはブルー御三家のロシアンブルー、コラットの中で一番体が大きくがっしりとした体型をしているので、見応え抜群の猫種です。
シャルトリューはあんなぽてっとした体型でワーキングキャットだったとはちょっと驚きなのにゃ。

猫子分

猫魔王

シャルトリューは運動神経は抜群じゃ。
生粋のハンターを侮ってはいかんぞ。

多頭飼いは大丈夫?シャルトリューの性格を解説

シャルトリューの性格
やんちゃ度(好奇心)
(5.0)
ビビリ度(警戒心)
(2.0)
仲良し度(多頭飼い)
(4.0)
なつき度(飼い易さ)
(5.0)
やんちゃ度(好奇心)
(5.0)
シャルトリューの祖先はネズミ取りをしていたワーキングキャットとして活躍していた猫です。窓から見える鳥や、室内に入った虫を発見すると、ハンターとしての血が騒ぐのか目を輝かせて追いかける好奇心旺盛な猫です。おもちゃで遊ぶのも大好きで走り回ったり、ジャンプをしたりと息があがるまで遊び続けるスタミナも兼ね備えています。普段は物静かな猫ですが、一度遊ぶスイッチが入ると、俊敏な動きができるやんちゃな猫なようです。
ビビリ度(警戒心)
(2.0)
個体差はありますが、シャルトリューはさほど警戒心が強くはありません。初対面の人にも自分からすりよってご挨拶してくれます。ただ、中には抱っこが嫌いな個体もいるので無理に抱っこをすると嫌がられてしまうかもしれません。また、大きな声を出したり、激しい動きをすると猫は怖がってしまうので、大声を出さずに接するようにしてくださいね。
仲良し度(多頭飼い度)
(4.0)
シャルトリューは遊ぶ時は活発に動き回りますが、普段は温厚で大人しい猫です。攻撃性も無く、子供や他の猫、犬とも仲良くできる社交性が高い猫なので多頭飼いに向いている猫種です。ただ、飼い主さんにとても従順な犬のような猫ですが、飼い主さんが好きすぎて他の猫にやきもちを焼いてしまうことがあるようなので注意が必要です。かまって欲しそうにしている時はたっぷりと愛情を注いでやきもちを焼かないようにしてあげてくださいね。
なつき度(飼い易さ)
(5.0)

シャルトリューは「犬のような猫」と呼ばれるぐらい飼い主さんに忠実で従順な飼いやすい猫とと言われています。とても賢くしつけもしやすい猫ですが、時には自己主張をする猫らしい一面もあるようです。シャルトリューは鳴くことが少なく、鳴き声も小さいのでマンション飼いにも適しています。普段は大人しい猫ですが、遊ぶスイッチが入ると走り回ったり、高い所に上り下りしたりと俊敏な動きを動きをするので、走り回れる場所や、上下運動ができる大型のキャットタワーを設置してあげるとストレス発散にもなります。

猫魔王

普段は温厚な大人しい猫なのに、遊ぶ時はやんちゃな一面を見せる姿にみんなハマってしまうのにゃ。
確かにギャップ萌えしてしまうのう。

猫子分

シャルトリューの身体的特徴

・ブルーグレー(青灰色)の美しい被毛

シャルトリューはブルーの毛にシルバーのティッピング(毛先が濃い色の毛)がある被毛をしています。光沢感のある被毛は短毛種ですが、やや長めの被毛でアンダーコートが多くふかふかとしたなめらかな触り心地をしています。ヨーロッパの寒さにも耐えられる被毛は防寒性だけでなく、水を弾く防水性も兼ね備えています。

・笑っているような口元
シャルトリューは「微笑みの猫」とも言われるように、口元が小さく広角が上がっているように見える口元と、大きくふっくらとしたウィスカーパッド(ひげ袋)が常に笑っているように見えます。横から見るとニコっとしている口元はとても愛嬌がある表情をしています。

体型:セミコビー タイプ

頭:丸い形
幅広な丸顔。口元が特徴的。

目:大きい
大きくてまん丸な瞳。

目の色:3色
ゴールド/オレンジ/カッパー

身体:がちむち体型
大きくてがっちりとした体。

毛量:多い
やや短めで防水性、防寒性に優れた被毛。

脚:やや短い
体に比べてやや足が短く細い。

しっぽ:普通の長さ
しっぽの付け根は太く、先端に向かって細くなっている。

体ががっちりしているのに、手足が細くてかわいいのにゃ。

猫子分

猫魔王

シャルトリューは愛嬌があるのう。

シャルトリューの柄や人気の毛色

 

シャルトリューの人気の毛色や柄

毛色

シール(ブラック)ホワイトチョコレート
シナモンレッドブルー
ライラックフォーンクリーム

柄の種類

ソリッド

猫魔王

シャルトリューはブルーグレーのソリッド(単色)のみのカラーしかないのう。
他のカラーはないのにゃ?

猫子分

猫魔王

うむ、
目のカラーが違うぐらいだのう。
目の色は、ゴールド、オレンジ、カッパー(赤茶色)までさまざまいるようだぞ。
なるほどなのにゃ!

猫子分

シャルトリューの掛かり易い病気

 

シャルトリューの注意したいこと

猫魔王

では次に、シャルトリューを家族に迎える前に、掛かり易い病気や病気への対策、気を付けたい事をまとめようと思う。事前に掛かり易い病気を知っておく事で、未然に防ぐ事も出来るからな。
これはとても大切な事なのにゃ~!

猫子分

猫魔王

うむ、まずはシャルトリューの平均寿命じゃ。

シャルトリューの平均寿命

猫全体の平均寿命は15年ほどとされていますが、シャルトリューの平均寿命は12年~15年と平均的な猫の寿命と比べてやや短いようです。

猫魔王

シャルトリューはペルシャの血を受け継いでいるから遺伝性疾患には要注意じゃ。
どんな病気に注意すればいいのか教えて欲しいのにゃ。

猫子分

猫魔王

そうじゃな。
それでは、シャルトリューの掛かり易い病気と、その病気を防ぐ為に気を付けたい事をまとめたいと思う。

多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)

ペルシャに多い遺伝性疾患ですが、シャルトリューもペルシャと交雑していたので注意が必要です。多発性嚢胞腎は腎臓にのう胞(液体が入った袋状のもの)ができてしまい腎臓の機能が低下してしまう病気です。多発性嚢胞腎の遺伝子を持った猫は必ず発症してしまいます。両親のどちらかが遺伝子をもっていると子供には50%の確率で発症してしまいます。

病気への対策と気を付けたい事

恐ろしい病気なのにゃ。(汗)

猫子分

猫魔王

遺伝性の疾患は治療も予防も難しい病気が多いのが現状じゃ。もし、繁殖をする時には、念の為に遺伝子検査をする事をオススメするぞ。
わかったのにゃ〜。

猫子分

皮膚炎(ひふえん)

シャルトリューの被毛は他の猫と比べてやや油分が多くフケが出やすい猫種です。被毛や皮膚が油分でベタついてしまうと細菌や真菌、ダニなどが増殖してしまい皮膚炎を起こしてしまうので、定期的なブラッシングや被毛がベタついてきたらシャンプーを行うようにしましょう。

病気への対策と気を付けたい事

シャンプーはどのぐらいのペースで入れてあげればいいのにゃ?

猫子分

猫魔王

うむ、
季節によって変わってくるが、1ヶ月〜3ヶ月に1回を目安にシャンプーをしてほしい。毛がベタベタとしてきたらお風呂に入れたほうが良いのう。
他にはどんな事に気をつければいいのにゃ?

猫子分

猫魔王

痒がっていたり、湿疹、毛が抜けている場合には早めに動物病院に診てもらうようにするのだぞ。
わかったのにゃ!

猫子分

尿石症(にょうせきしょう)

尿石症とは、尿の通り道に結石ができてしまい、さまざまな障害を起こす病気です。細菌感染、ストレス、水分不足、体質、食事などの原因によってミネラルが結晶化し結石になってしまいます。尿石症は結石ができる場所によって病名が異なります。

病気への対策と気を付けたい事

尿石症ってどんな症状が出てくるのにゃ?

猫子分

猫魔王

排尿をする時に痛がる、何回もトイレに行く、血尿、尿が出なくなるといった症状が出てくるぞ。もし、尿が出ない場合にはすぐにでも動物病院に連れて行くようにして欲しいぞ。
尿石症にならないようにするのはどうしたらいいのにゃ?

猫子分

猫魔王

うむ、まずは食事だのう。生活習慣を見直すことで尿石症の予防や再発を防ぐことができる。
療法食に切り替えたり、水をたくさん飲むようにウェットフードに水分を足したり、水を置く場所を増えすようにすると良いぞ。
なるほどなのにゃ。

猫子分

症状別の猫の病気について
猫の病気については下記で詳しくまとめてあります。他にも罹患が疑われる病気も多数存在するので、いつもより元気がないと感じたら、何の病気が疑われるかをチェックするようにしましょう。

猫のこんな症状が出たら要注意!症状から見る病気とその予防策≫

シャルトリューの運動不足と肥満には注意が必要

シャルトリューは普段は温厚で大人しい猫です。遊びのスイッチが入ると元ワーキングキャット実力を発揮し、走り回ったりジャンプしたりと元気いっぱいに遊ぶ一面があります。子猫から成猫にかけてはよく遊びますが、歳を重ねるにつれて運動不足になってしまうので肥満には注意が必要です。肥満にならないように1日に5分〜10分程度おもちゃで遊んであげたり、大型の頑丈なキャットタワーを設置するようにして運動不足を解消するようにしてくださいね。

猫魔王

わしも運動不足で太ってきた気がするのう。
確かにお腹周りが大きくなっているのにゃ。

猫子分

猫魔王

なんと!?
これから毎日ジョギングするぞ!

シャルトリューを飼っている人の口コミ

・楽しい猫です
普段はのんびりしている事が多くて大人しいですが、遊ぶ時は活発に走り回ってとしても楽しい猫です。一緒に居て全く飽きる事がないです。
・賢くて飼いやすい
頭が良い猫なのでしつけを特にしなくても生活ルールを覚えてくれました。イタズラをすることも無く鳴き声も小さいのでとても飼いやすい猫だと思います。
・とにかく甘えん坊
どこに行くにもついてこようとするぐらい一緒にいたがります。抱っこをされるのは嫌がりますが、膝の上に登ったり、隣に寄り添ったりととにかく甘えん坊です。人見知りせずに誰にでもすりよって行くので猫好きの人には喜ばれます。
シャルトリューは初心者の人でも飼いやすそうなのにゃ!

猫子分

シャルトリューのまとめ

猫魔王

ここまで、シャルトリューについて特徴や性格、お迎えする前に気を付けたい事や病気の事、実際にシャルトリューを飼われている方のブログや動画を紹介してきたがどうだったかな。
シャルトリュー殿は見た目と性格のギャップがたまらないのにゃ。

猫子分

猫魔王

うむ、そうじゃな。
それでは最後にシャルトリューの「飼い易さポイント」と「注意ポイント」をまとめるとしよう。

シャルトリューの飼い易さポイント

とにかく人懐っこい

シャルトリューは長年ネズミ捕り用のワーキングキャットとして飼われていましたが、とても人懐っこく大人しい性格をしています。誰とでも仲良くできる性格で初対面の人にもすり寄って行くので人の往来が多い家庭でも問題なく飼うことができます。ただし、抱っこが苦手な子が多いようなので無理をして抱っこをすると嫌がられてしまうかもしれません。

遊ぶことが大好き

普段は大人しいシャルトリューですが、遊ぶ時間になるといつもとは違った一面を見せてくれる猫です。活発に走り回り、息がハアハアと上がるまで遊び続けます。個体差はありますが、3歳〜5歳頃まではよく遊ぶようなので、運動不足にならないように猫じゃらしやボールなどを使って一緒に遊んで上げるようにしてくださいね。

猫飼い初心者でも飼いやすい

シャルトリューは飼い主さんによく懐き、犬のような従順さを持っているので猫を初めて飼う人にも飼いやすい猫種です。賢い猫なのでトイレの失敗やイタズラもほとんどする事がないようです。また、子供やお年寄りにも優しい猫なので家族が多い家庭や多頭飼いをしている家庭でも問題なく飼うことができる猫種です。

シャルトリューを飼う時に注意したい事

短毛種でもしっかりとブラッシングをしよう

シャルトリューは短毛種ですが、ダブルコートの被毛でやや毛量が多い猫種です。特に換毛期は大量に毛が抜けるのでこまめにブラッシングをしてあげてください。また、シャルトリューは他の猫に比べてやや油分が多いようです。フケ毛や毛がベタベタしてきたらシャンプーをしてあげるようにしましょう。

遺伝性疾患や尿のトラブルには気をつけよう

シャルトリューはシャムの血を受け継いでいるので、遺伝性の疾患には注意が必要です。また、尿石症になりやすい猫種とも言われているので、トイレをする時の様子がおかしい、おしっこをしなくなるといった症状が出た場合にはすぐに動物病院で診てもらうようにしてくださいね。

遺伝性の疾患には注意が必要

バーマンは命に関わる遺伝性の疾患は多くはないですか、白内障、股関節の病気、ウールサッキングなどの疾患があるので注意が必要になります。よく物にぶつかる、歩き方がおかしい、毛布や、ビニール袋、ダンボールをかじるような行動がみられたら動物病院に相談するようにしてください。

シャルトリューは肥満に気をつけよう

シャルトリューは元からがっちりとした体型をしているので少しくらいムチっとしていたほうがかわわいとフードをあげすぎてしまうとあっという間に肥満になってしまいます。また、去勢避妊手術をするとどうしても太りやすい体質になってしまうので、フードの量を調整したり、キャットフードを見直して、個々にあったフードを選ぶようにしたいですね。

キャットフードは大事だから必見じゃ!

猫子分

猫魔王

健康に良いご飯は美味しいのにゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。